映画鑑賞記 ポジフィルム

映画鑑賞記録や雑記

聖なるリベンジ・バイオレンス!『サベージ・キラー』(ネタバレあり)

サベージ・キラー

f:id:posifilms:20180201232333j:plain

原題:Savaged
2013年/アメリカ 上映時間95分
監督・脚本・撮影・編集:マイケル・S・オヘダ
製作:アンドリュー・トーマス・ハント
出演:アマンダ・エイドリアン、ロドニー・ローランド、ロニー・ジーン・ブレビンズ、リック・モラ

【ストーリー】

美しく、耳の不自由な女性ゾーイ(アマンダ・エイドリアン)は、旅の途中でギャングに拉致されてしまい、果てしない暴力と凌辱を受ける。肉体も精神も踏みにじられた上、瀕死の状態で生き埋めにされてしまったゾーイだったが、翌朝、奇跡的に息を吹き返す。復讐心に燃える彼女は、自分を辱め、傷つけた男たちを、ひとりまたひとりと葬り去っていく…(以上、映画.comより)

予告編はこんな感じです↓

88/100点

※この記事は盛大にネタバレしていますのでまだ観ていない方はお気をつけて!

「クズども、地獄でさまよえ」というキャッチコピーとっても惹かれますね!

基本的に鑑賞前は予告等の予備知識を入れない主義なので、メインビジュアルをみて勝手に「殺人鬼的な奴らから可愛い女の子がなんとか逃げる話」というのを想像して観始めたんですが、実は「悪い奴らにヒドイことされた美女がゾンビになって復讐する」というスーパー爽快ストーリーでした。これがとってもいい映画だったのです( ;∀;)

 

簡単なあらすじ↓

聴覚障害を持つ主人公ゾーイは恋人と結婚することになり、車で彼が住む街に向かう。

その道中、クズどもに追われるネイティブアメリカンの青年を助けるが自身も監禁され凌辱されてしまう。

スキを窺って逃走を試みるも捕まってナイフで刺され埋められてしまう。

 

ネイティブアメリカンと聞いて真っ先に思い浮かぶのがツインピークスのホーク副保安官(The 余談)

f:id:posifilms:20180201234053p:plain

偶然ネイティブアメリカンのおじさんがゾーイを発見し、先住民に代々伝わる秘術によって奇跡の復活!するも、一族を殺された恨みをもつ”アパッチの大酋長”の魂と融合してゾンビ化!

大酋長の聖なるチカラを手に入れたゾーイはクズどもに地獄を見せるべく復讐を開始するのであった…

 

f:id:posifilms:20180201234526j:plain

実は、ネイティブアメリカンおじさんが儀式をするシーンで一瞬、観るのやめようかとも思いました(^-^;

しかし、この儀式のあと復讐劇が始まってからの主人公ゾーイの動きが非常にアグレッシブで展開もスピーディーになり、あっという間に釘付けにされました!正義の美女(ゾンビ)無双!荒野と掘っ立て小屋、トレーラーハウスなどなど、B級低予算映画によくある感じの舞台でしたが極めて出来が良いアクションシーンの演出が見所です。

バーでクズ一味のひとりをみつけて鬼の形相でオラオラと腸を引きずりだすことから始まり、弓を使ったり、走っているトラックの荷台でマッチョとタイマンしたりチェーンソーを振り回すクズのリーダーにナイフと手斧で応戦したりと観客の期待をギュギュっと詰め込んだようなエンターテイメント感溢れるシーンのオンパレードで非常に満足できます。

 

その他、ゾンビ化したこと気づき朽ちていく自分の体におびえたり、変わり果てた自分の姿を見せられず恋人に「私のことは忘れて」とメッセージを残したり、クズどもを片付けて自身も上半身だけになり「愛してる」と言い合って恋人が火を放つラストなど胸を打つ描写もあって観客のツボをちゃんと心得ているなと思いました。

 

もう少し、悪い奴らに反省させる時間というか恐怖を味わわせるようなシーンがあったら爽快感も倍増したかな?とも思いますが、全体的にみるとホラーもアクションもストーリーもバランスよく、観終わった後に「いい映画みたなぁ」という気持ちになる作品でした!

アクションホラーが好きな人は見て損はないと思います♪

 

 DVDはこちら

サベージ・キラー [DVD]

サベージ・キラー [DVD]

 

アマゾン配信で見るならこちら

2もありますぞ

サベージ・キラー2 [DVD]

サベージ・キラー2 [DVD]

 

 

私の大好きなツイン・ピークスを貼っておきますね